薪ストーブのある家 〜T様邸〜

■家づくりの経緯をお聞かせください。
当初はログハウスに憧れていたということもあり、薪ストーブのある家がいいと思っていました。雑貨とナチュラルな雰囲気の家が好きで、住宅展示場を巡っていたのですが、量産メーカーの家は新築特有の化学的な臭いがして頭が痛くなってしまったんです。そういうこともあり、目に見えないところも自然素材だけを使った、安心して住める家が欲しいと思いました。
色々調べてイエコロジーさんに行き着き、資料を取り寄せてみたんです。そしたらすごい資料がドンと届いたんです(笑)。その中にあった澤田さんの著書も読んで、建てた人の感想も参考になりました。天然の素材、トリプル断熱(現:クアトロ断熱)の性能、地震に強いことが気に入って、子どもに引き継いで住んでもらいたいから、経年で味わいが出てくるこういう家がいいな、と思いました。
代表の平塚さんが自ら、家づくりのこだわりを情熱的に説明してくれたことも決め手になりましたね。信頼感を持てたので、実際のお家は見ずに施工例の写真だけで「この会社で建てよう」と決めました。

■プランニングの希望とこだわりをお聞かせください。
カントリー調のインテリアが好きで、薪ストーブに憧れていました。屋根は大きくしたいとお願いし、片流れの大屋根にしてもらいました。あとは吹き抜けと畳の間、書斎スペースも希望しました。それから、家事がストレス無くできるように、キッチンと洗面所の行き来がしやすく、回廊できるような動線ですね。
小物のディスプレイが好きなので飾り棚をつけて、キッチン横には趣味の手芸も楽しめる家事カウンターも造作してもらいました。
将来を考えて、車いすでも出入りできるよう外構にスロープもつくりました。

■設計士からはどのような提案がありましたか?
外の緑が景観できる吹き抜けの上のピクチャーウインドウや、玄関ホールからオープンにリビングに続くので、視線を遮る役割を果たすルーバー扉の間仕切り。勾配を生かして天井を高くした寝室は寝心地が良く、熟睡できるようになりました。
それから、薪ストーブの暖気が家中にまわるように2階の壁に設置された小窓。
キッチンからパントリーを通って、浴室、脱衣室へと抜ける動線はお気に入りです。脱衣室と洗面所が一緒だと、誰かが浴室を使っていると洗面所が使えなくなる、ということで提案いただいた、脱衣室と洗面室を分けるプランもよかったですね。
全体的になるべくオープンな間取りになっていて、扉も引き戸にして、開け放てばストーブの暖気が家中にまわるように設計されていると感じます。

■住み心地はいかがですか?
冬はマイナス2〜3度になることも多い寒冷地ですが、朝起きて寒いと思うことがないですね。暖房は薪ストーブだけで十分2階まで暖まるし、ストーブの上でシチューを煮たりするのも楽しいですね。ちなみに、バーモントキャスティングスの薪ストーブなので、煙が少ないのが特徴です。
家の中の空気はすがすがしく、澄んでいる感じがします。兄が訪れたときも、「素足で歩きたくなる家だね。スリッパを履くのがもったいない。」と言っていました。なんだかこの家って、ずっと前から住んでいるような落ち着きを感じるんですよね。出張で数日留守にして帰宅すると木の香りに癒やされ、疲れも取れる気がします。
窓から森の緑が見えて気持ちがいいし、上の窓からは夜の月明かりが入るので、ダイニングで空を眺めて過ごす時間が好きです。
ストーブのまわりに家族みんなが集まる、温もりにあふれた2つとないオリジナリティのある住まいだと思います。


私たちが住みたい家はコレだ! 〜H様邸〜

■家づくりの経緯をお聞かせください。
主人も私も木の家が好きで、当初は量産メーカーさんで家づくりの話を進めていましたが、実際に「医師が薦める健康住宅」を見学してみたら、「私たちが住みたい家はこれだ!」と気づいてしまい、量産メーカーさんをキャンセルしたんです。
漆喰やセルローズファイバーによる断熱、無垢の構造材や床など、ここまで徹底して天然素材を使った家は、そうありませんよね。シロアリ対策には食塩より6倍安全といわれるホウ酸(自然素材)を外周全部の柱に散布してくれるし、接着剤も膠で化学的なものが一切使われていないし、セルローズファイバーも国産のものじゃなく、より安全性の高い輸入品だったり。
他社でも自然素材と言っているところはあるけど、目に見えない構造材や漆喰の成分などにボンドや化学物質が使われていたり、表面的には自然素材っぽいけど、実は違うところがあったりするんですよね。
澤田先生のセミナーにも参加して日本の家づくりの現状を聞き、建てるならイエコロジーさんしかないと思い、もう他社は眼中に入らなかったですね。イエコロジーさんで建てられないなら、家はいらないとまで思いました。

■プランニングの希望とこだわりをお聞かせください。
実際にプランニングをする前の打ち合わせで、子どもに勉強をさせたい場所や、食事する場所と寛ぐ場所を分けるかどうかなど、以前の家での過ごし方から未来に希望するライフスタイルまで色々聞いていただき、プランニングに反映してくれたんです。
私たちの希望としては、家族が集うリビングをできるだけ広くし、あとは必要最小限のスペースが確保できればいいと思っていたので、22帖大のLDKを提案いただきました。
リビングとの続きに畳スペースも欲しかったのですが、将来的に歳を取ったときのことを考えて小上がりにせず、バリアフリーの畳スペースをつくってもらいました。
あとはリビング階段と、キッチン前の広いカウンターですね。子どもがキッチンにいるママの顔を見ながら宿題ができるように、キッチンカウンターの下に本棚を造作してもらいました。
収納はたっぷり取りたかったのですが、家具を置くとゴチャゴチャするので造作でつくってもらって、インテリアに統一感を出してもらいました。

■設計士からはどのような提案がありましたか?
プロの目線からいろいろとご提案いただきました。
脱衣所と洗面所を分ける提案を採用したのですが、これは良かったですね。すごく便利です。娘が成長してお年頃になってもプライバシーが守れるし、引き戸を開けておけばオープンに使えて開放感もあるので。
それから、寝室の勾配天井。これも良かったですね。

■住み心地はいかがですか?
リビングの開放感が気持ちいいですね。クアトロ断熱のおかげで、外が寒いときも家に入るとほんわり暖かいし、逆に外が暑いときは涼しく感じます。夏は外に出て暑さに驚くこともあるくらいです。
あと、空気感が爽やかで、キッチンで料理をしていても臭いがこもらないですね。以前のアパート暮らしのときはカビに悩まされ、洋服がカビ臭くなっていたのですが、この家に引っ越してきてハンガーにかけておいたら、その臭いがいつの間にか取れていました。
漆喰や無垢材で調湿されるので、どしゃぶりの日でも室内に干しておけば洗濯物が1日で乾くし、梅雨時の湿気っぽさや蒸し暑さもなく快適です。
構造計算もきちんとされて建てられているので、耐震性も安心ですね。

 家族がつながる家 〜S様邸〜

 ワンコも納得!外食が減るほど出かけたくなくなる家 〜I様邸〜

 

 ほどよい距離感が心地いい同居型2世帯の家 〜K様邸〜

 公園行くより楽しい!ブランコのある家 〜Y様邸〜

 

 眠っちゃうほど気持ちいい整体院のある家 〜S様邸〜 (店舗併用型住宅)

 

 モルディブリゾートバスタイムの家 〜S様邸〜

 楽しくて夜更かししちゃう!?同居型2世帯の家 〜M様邸〜

 やさしいお昼寝ハンモックの家 〜M様邸〜

 

 山小屋風ベッドルームのある家 〜T様邸〜

 

 子どもも納得!広くてカッコイイ家 〜T様邸〜

ページのトップへ戻る