医師が薦める本物の健康住宅 〜賛同医師紹介〜

人の体は、物質であると同時に生命エネルギー。
自然のままが最高傑作であるように作られている。
それは、住宅も同じこと。
体も、家も、ピュアでいることが一番大事です。

健康に長生きするためには、決してむずかしいことはいりません。
ポイントを知り、日々の暮らしを大事にすれば、
健康長寿を目指すことができるのです。

歯も、人の体も、
環境を整えることが一生の価値になる。
住宅も、
環境を整えることで、健康促進の価値となる。

理事長 矢山 利彦

私が住居と健康との密接な繋がりに気がついたのは、自分の診療所を建てたことがきっかけです。コンクリート打ちっぱなしの診療所を建てたところ、冬場、夕方になると窓がいつもびしょ濡れになりました。「これはおかしい、入院患者に悪影響がでてしまう前に解明しなければ」そう思い、住宅のことを勉強し、そこで「住医学」と出会ったのです。
除湿・調湿され、毒素も無く、冬あたたかくて、夏涼しい。そんな家に住んだなら、「病気になる」なんて、まず思いませんよね。そもそも家を建てるなら、そういった家であることは当たり前でしょう。でも昨今、当たり前のことを当たり前にやるということが、一番難しいです。ですが、住医学研究会では、そんな当たり前の家を当たり前に建てることを第一に、日夜研究をしています。「なってしまった現象」に焦点を当て、それをなんとかして治療する。それが今の医療です。でも、「なってしまった現象」には、「引き起こした原因」があります。住医学研究会の推奨する家は、病気を引き起こす原因に焦点を当てています。人が健康に生きて行くには、順序があります。医療より先に、毎日を過ごす住環境を徹底的に見つめ直すこと。それはきっと、本当の健康への架け橋となるでしょう。

住医学研究会 理事長 矢山 利彦

名誉顧問 澤田 升男

住医学研究会が推奨する家をつくるには、一般住宅に比べてずっと手間がかかります。技術と経験はもとより、信念と情熱が不可欠。ただ迅速な組み立てを優先する住宅業界の主流とは逆行しているといっていいでしょう。
「今の設計で問題はないのか」
「この建材は本当に安全で長もちするのか」
日々の仕事を通じて、そんな不安や疑問を抱いた設計事務所や工務店が全国から集まり、医師や大学教授の協力のもと住まう人の健康を更に追求するため「住医学研究会」は誕生しました。
私たちのメンバーは、本当にいい家を造りたくてこの業界に足を踏み入れた人間ばかり。研究結果を元に、合板や集成材、木工ボンドなどの長持ちしない建材や、健康に悪い建材を排除した家づくりを行い、住むだけで健康になる家づくりを研究しています。
安心、快適で末永く暮らせる、心から愛着が持てる健康的な住まいをこれからも作り続けるため、私たちは日夜邁進してゆきます。

住医学研究会 名誉顧問 澤田 升男

ページのトップへ戻る