私たちの誓い 〜1ミリも嘘の無い家づくり〜


合板や集成材、木工ボンドやビニールクロスなどの長持ちしない建材、化学物質を発する建材、健康に悪影響を与える建材を、排除した家づくり。
それが、1ミリも嘘の無い家づくりをするという私たちの誓いです。

プロとして知ってしまった以上、そこに暮らす人々が不利になる事は、出来るだけ排除して、正直に家づくりをしています。

皆さんはご存知でしょうか。

表面にコンマ数ミリの木目プリントを印刷したシートを貼付けただけの合板フローリング、海外では厳しい規制のある塩化ビニールで出来たビニールクロス、レンガ風に見えるサイディング、etc・・・

自然素材住宅と言いながら、実は無垢材の下地には、ベニヤを張り合わせた合板が使われている事実。完成後には見えなくなってしまう土台や柱、梁には集成材が使われている事を。

これらの、造り手側の生産性のみを追求した新建材でつくる家では、それを永く使おうという事や、住まう家族の健康までは考えられていません。

今、日本の住宅寿命はおよそ27年と言われています。アメリカでは約44年、イギリスでは約75年に対して、先進国の中では圧倒的に短い現実。

家づくり、住宅を「文化」と捉えるヨーロッパなどに対して、戦後、質よりも量が優先されたた日本の家づくり。結果、新建材と呼ばれる、日本の気候風土には相応しくない「長持ちしない建材」が誕生し、画一的な大量生産・大量消費型の日本の家づくりは、文化ではなく「産業」として語られることになってしまった現実。

この業界にいる以上、そして、子を持つ親としても、そんな現実や真実を知ってしまったからには、造り手側の都合で考えられた家づくりで多くの被害者を出すことではなく、大切な家族と、健康で、安心安全に、永く豊かな暮らしが出来る家づくりを、時間と手間をかけ、真心を持って取り組んでいくことしか考えられないのです。

だから、私たちの家づくりは、「0宣言」と「クアトロ断熱」と「業界トップの安心と保証」で、本当に良い家づくりを追求しています。

 

 

 

 

 

 

 株式会社 無添加計画         
 代表 平塚 宏一

 

 

ページのトップへ戻る